子どものためのマネーレッスン

日本先進国の中でも、色々な教育が遅れています。その一つが金銭教育です。政府も動き出してはいますが、学校の授業でやってもらえるのはほんとちょっと。

 正しい知識を武器に、自分の身は自分で守っていかなければならない世の中。

 なるべく早いうちからお金のことを学びましょう。

キッズメニュー

 キッズマネーステーションの認定講師として、定期的に講習会に参加、プログラムも随時更新されています。このプログラムを使ってゲームを交えながら楽しくお金の勉強をしていきましょう。

ー子ども(親子)向けワークショップ例ー

「お店屋さんの仕事」(初めてのお仕事体験)

子どもたちは6つのお店屋さんの仕事につきます。お金の歴史や役割、お金の終始計算、商品づくり、販売疑似体験までを盛り込んだプログラムになります。(お子様の対象年齢目安は、幼稚園児~小学校中学年程度)

「おこづかい会議」

お金との付き合い方を学びます。親子でおこづかい額を決定し、家庭でのルールづくりやおこづかいポスターを作るワークショップです。家庭でのお小遣いの始め方、ルール作り、生きたお金の使い方などを学ぶことができます。(お子様の対象年齢目安は、小学校程度)

「生活にかかるお金」(身近なお金を考えよう!)

オーストラリアのフィナンシャル教育に基づいたプログラム。ワークシートを使って学びます。お金はどこから得られる?稼いだお金で支払うべきものは?社会保険や生活にかかるお金とは?など。クイズやディスカッションの時間があります。夏休みの自由研究対応可能。(お子様の対象年齢目安は、幼稚園児~小学生、中学生・高校生までアレンジ可能。幼稚園児の場合はシートを使用しないでアレンジします)

「夢をかなえるライフプラン」

「将来なにになりたいか」「どんな家に住みたい」「目標はどのように設定していくか」など、目標にに向け親子で具体的に考えるワークショップ。夏休みの自由研究対応可能。さまざまま職業の方をご紹介しながら開催すると、キャリア教育としての深みがますワークショップ。(お子様の対象年齢目安は、小学生・中学生・高校生までアレンジ可能)

「ハンバーガーから学ぶ世界のお金」(外国のお金と文化を学ぼう)

外国文化に触れながら、お金のことを学ぶワークショップ。会場には外国のお金も展示。普段なにげなく使用しているお金は、世界とつながっています。夏休みの自由研究対応可能。(お子様の対象年齢目安は、小学校程度)

 

「日銀見学」「東京証券取引所見学」(小学校5年生以上から)

その他、休みの日(平日のみ)に合わせて社会科見学のように、日銀見学、証券取引所見学なども開催、夏休みの自由研究などにも使えます。

 

※お値段については、メニューをご覧ください